6.新作物の栽培技術の確立及び特産品の創出 (5)他殖性野菜種苗高品質化を目指した品種判別法と純度検定法の開発

6.新作物の栽培技術の確立及び特産品の創出 (5)他殖性野菜種苗高品質化を目指した品種判別法と純度検定法の開発

県名神奈川県
研究機関名神奈川県農業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H16〜19
年度2005
研究対象共通
概要目的:野菜茶業研究所で現在開発されつつあるDNA多型検出を応用し、品種内で特定のDNAマーカーについてホモ化することにより、品種判別が容易な品種(系統)を育成する。試験研究構成:(1)DNAマーカーの選択、(2)マーカー型に基づく母本選抜、(3)選抜母本からの採種、(4)次代におけるマーカーの検定
研究分担野菜作物研究部
予算区分受託(独法)
専門育種
部門野菜
業績(1)ネギにおけるトレーサビリティ付与のためのSSRマーカーによる品種標識法(2)育成品種‘湘南一本’における品種内DNA多型と標識マーカーの選択
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030119687
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat