食品残さ利用による肉用牛の低コスト生産技術の開発

食品残さ利用による肉用牛の低コスト生産技術の開発

県名神奈川県
研究機関名神奈川県畜産技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間新H18〜20
年度2005
研究対象肉用牛
概要1 背景:豆腐粕は、肥育牛の安価な飼料として広く利用されており、これを生のまま給与する肥育については乳用種去勢牛を中心に研究されており、交雑種肉用牛に関しても給与事例が見られるが、黒毛和種に関しては研究報告や給与事例が少ない。2 目的:黒毛和種肥育牛に対して生豆腐粕の給与による肥育試験を実施し、適正な給与割合の検討を行う。3 最終目標・成果:生豆腐粕を利用した黒毛和種の低コスト肥育技術の確立
研究分担大家畜
予算区分県単
専門飼養管理
部門
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030119767
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat