カレイ類放流技術開発

カレイ類放流技術開発

県名神奈川県
研究機関名神奈川県水産技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H16〜21
年度2005
概要単価がヒラメの2〜4倍と極めて高価であるが、年間漁獲量が全県合計でも数十kgと激減しているホシガレイの漁獲量を増大させるため、試験放流とその後の追跡調査により放流直後の馴致状況や回遊・成長・漁獲の実態などの基礎生態を把握するとともに、親魚養成技術の開発と適正餌料系列の解明などの種苗生産試験を実施する。
研究分担栽培技術部
戦略水産
予算区分県単
専門水産増養殖
部門海洋
業績(1)東京湾におけるホシガレイ小型種苗の放流−III(50mmサイズの放流群の移動分散と回収状況)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030119808
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat