生物的・耕種的手法を利用した病害発生制御技術の開発

生物的・耕種的手法を利用した病害発生制御技術の開発

県名新潟県
研究機関名新潟県農業総合研究所
課題種別試験研究課題
研究期間継H16〜20
年度2005
研究対象共通
概要環境保全型農業の推進のため、生物的・耕種的手法を活用した防除技術を開発し、その有効性を評価するとともに、本県における化学合成農薬使用量の軽減を図る。
糖蜜を用いた還元消毒法によって土壌中のナス科青枯病菌、トマト萎凋病菌の密度が低下した。また、トマト青枯病の防除に有効であることが示唆された。
研究分担基盤研究部
予算区分県単
専門環境
部門共通
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030119872
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat