園芸作物の総合的病害虫管理技術の開発

園芸作物の総合的病害虫管理技術の開発

県名新潟県
研究機関名新潟県農業総合研究所園芸研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間新H18〜20
年度2005
研究対象共通
概要1 目的:園芸作物において新たな病害虫を的確に同定すると共に、発生生態・発生相、発生消長を明らかにし、耕種的防除、生物農薬の利用などによる総合的病害虫管理技術を確立する。
2 計 画:検討中
3 得られた成果:小課題数多く記載不可。ネキリムシ類の効率的防除技術(えだまめ、キャベツ、ネギ)、ダイコン黒斑細菌病の防除技術、ウリ類うどんこ病の防除技術の確立
4 成果の受け渡し先:今後検討
5 残された問題点:未実施課題について実施中
研究分担環境科
予算区分県単
専門病害、虫害
部門野菜、果樹、花き
業績(1)Alternaria alternata(Fries:Fries)keisslerによるセイヨウナシ黒斑病(新称)
(2)天敵保護によるなしのハダニ類防除体系の検討 
(3)セイヨウナシ黒斑病菌のAM毒素生合成遺伝子およびAlternaria alternataの種特異的プライマーを用いたMultiplexPCR法による遺伝子解析
(4)セイヨウナシ病害の現状と防除
(5)遅植栽培と薬剤土壌混和処理によるチューリップ微斑モザイク病の防除
(6)カキ芯黒果(仮称)発生要因の解明
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030119924
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat