米消費拡大に向けた製粉技術改善と新規加工食品の開発  1米パン製造技術の改善  (1)製粉適応性を高めるための原料米処理条件の検討

米消費拡大に向けた製粉技術改善と新規加工食品の開発  1米パン製造技術の改善  (1)製粉適応性を高めるための原料米処理条件の検討

県名新潟県
研究機関名新潟県農業総合研究所食品研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H15〜17
年度2005
研究対象米パン
概要米粉パン普及上の課題であるミックス粉価格低減と、製パンライン適正を改善する。今年度は酵素液の再利用について検討する。酵素液を補充して(25%)1回再利用することで、酵素・緩衝液費の添加にともなうミックス粉の価格は現行の85%に低減できた。また、製品1kg当たりの価格を現状より21.3円(10.9%)低減することが可能と試算した。活用技術「米粉パン製造コストの低減」として公表予定。
研究分担穀類食品科
予算区分県単
専門食品加工流通
部門
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030119953
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat