無ハウス・疎植栽培による省力低コスト水稲栽培技術の開発

無ハウス・疎植栽培による省力低コスト水稲栽培技術の開発

県名新潟県
研究機関名新潟県農業総合研究所佐渡農業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H16〜18
年度2005
研究対象水稲
概要近年は温暖化に加え、田植え時期を遅くすることから、育苗期間が高温になるため、無ハウス・無加温・プール育苗による育苗技術を確立する。さらに、播種量を増やし疎植栽培にすることによる必要苗箱数の低減による省力・低コスト技術を開発する。
研究分担佐渡農技
予算区分県単
専門栽培生理
部門
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030120001
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat