養殖魚等の寄生虫予防・駆除方法の開発

養殖魚等の寄生虫予防・駆除方法の開発

県名新潟県
研究機関名新潟県内水面水産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H15〜17
年度2005
研究対象研究対象
概要目的:養殖場や種苗生産場では、寄生虫性疾病対策が重要であり、安全、簡便で効果的な予防・駆除方法の開発が望まれている。そこで、天然食品に含まれている飽和脂肪酸の一種を餌に添加し、抗寄生虫効果効果を検討する。得られた成果:200,100,50,25mg/kgBW・日の飽和脂肪酸を6ヶ月間投与したニシキゴイに白点虫の攻撃試験を行い、経過観察した結果、200mg/kgBW・日で最も斃死がみられた。また、試験魚への白点虫の寄生はほとんど認められなかった。
研究分担病理環境課
戦略水産
予算区分国庫補助(水産庁)
専門水産増養殖
部門河川湖沼等
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030120032
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat