水稲種子伝染性細菌病の発病抑制技術確立

水稲種子伝染性細菌病の発病抑制技術確立

県名富山県
研究機関名富山県農業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間新H18〜22
年度2005
研究対象水稲
概要1.目的:本県は古くから6ヶ所の種子場があり、県外出荷量全国一のシェアを誇る「種もみ王国」である。その一方で、近年種子の細菌性病害が全国的に問題となっており、保菌種子の使用や種子消毒剤に対する耐性菌の発生がその要因と考えられる。このため、化学農薬のみの防除法だけでなく、種々の防除法を組み合わせることにより、種子保菌率を抑制する技術の確立が最重要課題である。このため、病害の発生要因を明らかにし、効率的な防除方法や防除体系を確立する。2.期待される成果と活用面:もみ枯細菌病菌等の主要病害の発生要因を明らかにし、効率的な防除方法や防除体系を確立する。
研究分担病理昆虫課
予算区分県単
専門病害
部門水稲
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030120089
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat