野菜の環境負荷軽減技術の開発

野菜の環境負荷軽減技術の開発

県名富山県
研究機関名富山県農業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H16〜18
年度2005
研究対象サトイモ
概要1.目的:近年、環境への配慮からバイオマス由来プラスチックの利用が求められている。しかし、価格が高いといった理由以外に、取り扱いづらいといった点で普及が進んでいない。そこで、生分解性マルチの分解特性と効果的活用方法を解明する。2.期待される成果と活用面:生分解性マルチを利用する際の指標となる。
研究分担野菜課
予算区分国交
専門栽培生理
部門野菜
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030120121
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat