干拓地低コスト農業確立研究  2 主要野菜の有望品種の選定

干拓地低コスト農業確立研究  2 主要野菜の有望品種の選定

県名石川県
研究機関名石川県農業総合研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H16〜17
年度2005
研究対象スイカ
概要目的:大型トンネルスイカにおける収量、果形が標準品種‘縞無双HL’と同等以上で、空洞やうるみ等の果肉劣化が発生しにくい品種を選定する。また、タマネギの標準品種‘アトン’より収量、貯蔵性に優れた中生品種を選定する。
得られた成果:(i)大型トンネルスイカにおいて収量、上物率、果肉品質より、標準品種‘縞無双HL’に勝る品種はなかった。(ii)タマネギにおいては標準品種‘アトン’と同等の収量が得られ、貯蔵性に優れる‘OP−黄’が有望と考えられた。
研究分担園芸栽培G
予算区分県単
専門栽培生理
部門野菜
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030120285
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat