7.健康に良いとされるα―リノレン酸を多く含む豚肉の商品化

7.健康に良いとされるα―リノレン酸を多く含む豚肉の商品化

県名石川県
研究機関名石川県畜産総合センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H16〜17
年度2005
研究対象
概要(i)α−リノレン酸を多く含む健康に良いとされる脂質バランスの良い豚肉の生産が可能となったが、農家普及を図るため、アマニ油等の液状添加物の粉末化・添加方法の検討やα−リノレン酸豚肉の加工適正調査を行う。(ii)機能性に付与した新たな県産豚として普及拡大が期待できる。(iii)アマニ油等を添加したペレット状飼料を給与すると、発育、枝肉成績は無添加と遜色がなく、ハム、ベーコンの加工製品では、脂肪酸組成のうち、α−リノレン酸含量は3倍以上多く、n−6/n−3比は4程度となり、食味官能検査では、総合評価で良い評価を得た。
研究分担資源安全部
戦略畜産
予算区分単県
専門飼養管理
部門
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030120354
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat