水産動物防疫薬事総合対策事業

水産動物防疫薬事総合対策事業

県名福井県
研究機関名福井県水産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H16〜19
年度2005
研究対象共通
概要 水産用医薬品の適正使用について、講習会や養殖場の巡回を通じて指導をより強化する。 放流用・養殖用種苗の魚病検査を実施し、天然海域への魚病の蔓延防止に努める。 養殖場を巡回し魚病の発生状況を早期に把握するとともに、魚病の予防治療法を指導する。 養殖漁家に対して、最新の知見や技術等を紹介することにより、防疫技術の普及および意識の向上を図る。 トラフグ養殖の中で魚病被害が大きい寄生虫性疾病について、適正な水産用医薬品を使用した予防対策や効果的な駆除方法について検討する。 従来の防疫対策に加え、水産用医薬品の適性使用の指導、検査を強化することに努め、水産養殖魚の安全供給体制の確立を目指す。
研究分担浅海資源
戦略水産
予算区分国庫補助(水産庁)
専門水産増養殖
部門海洋
業績(1)水産動物防疫薬事総合対策事業
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030120475
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat