5.地域農産素材等の機能性解明と高付加価値製品の開発(1)新作物キノアの生態調節機能の調査とその利用技術の開発 (vi)キノアの安定栽培技術

5.地域農産素材等の機能性解明と高付加価値製品の開発(1)新作物キノアの生態調節機能の調査とその利用技術の開発 (vi)キノアの安定栽培技術

県名山梨県
研究機関名山梨県総合農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間新H17〜19
年度2005
研究対象キノア
概要 キノア種子(NL6系統)は5〜45℃までの幅広い温度域で発芽し、15〜35℃の発芽率は95%以上となった。種子の千粒重及び白度は発芽率と正の相関が見られた。また、良質種子選別技術として比重選別機の利用は有効であることを確認した。
研究分担栽培部作物特作科
戦略園芸
予算区分県単
専門栽培生理
部門その他作物
業績(1)国内におけるキノア栽培技術に関する研究 第1報 キノアの出芽に与える播種深度と土壌水分の影響
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030120556
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat