優良M.9ナガノ台木の大量増殖に関する試験 1.優良台木の大量増殖

 優良M.9ナガノ台木の大量増殖に関する試験 1.優良台木の大量増殖

県名長野県
研究機関名長野県果樹試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H16〜21
年度2005
研究対象リンゴ
概要 M.9ナガノ台木の大量繁殖技術を開発する。  ・原種センターから引き継いだ母株が8年目となり根頭がん腫病、白絹病の発生が散見されるようになった。長野市小島田のほ場で簡単な覆土により、凍害は防止できた。取り木台木の貯蔵について2℃の冷蔵庫で検討したが、3ヶ月程度の貯蔵では問題がなかった。但し、貯蔵中に梱包資材が破れ、乾燥したものは枯死した。まだ僅かであるが根頭がん腫病フリーのマルバとM.9ナガノVF157を用い増殖を開始した。
研究分担栽培部
戦略園芸
予算区分県単
専門栽培生理
部門果樹
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030120843
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat