有用昆虫の保護、増殖技術に関する試験

有用昆虫の保護、増殖技術に関する試験

県名長野県
研究機関名長野県南信農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H10〜
年度2005
研究対象共通
概要・土着タマゴコバチ類の圃場における生態の解明と薬剤散布の影響等について調査した。
・アワノメイガタマゴバチおよび土着タマゴコバチの増殖・放飼による害虫防除効果を検討した。樹林内ではキイロタマゴバチが、草地・裸地ではメアカタマゴバチが優占種であることが判明した。
・土着タマゴコバチを利用した防除試験で、木島平村でのズッキーニのオオタバコガ防除は成功したが、他の害虫も発生した。天敵による害虫防除はトウモロコシの品質が悪かった。
研究分担病害虫土壌肥料部
予算区分県単
専門虫害
部門共通
業績(1)卵トラップを用いた卵寄生蜂の季節消長(その3)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030121042
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat