健全な広葉樹林整備のための地域集団における遺伝的多様性の研究

健全な広葉樹林整備のための地域集団における遺伝的多様性の研究

県名長野県
研究機関名長野県林業総合センター
課題種別試験研究課題
研究期間新H18〜21
年度2005
概要 近年森林の多様性回復や森の象徴として、ブナなどの広葉樹造林が拡大しつつある。しかし、広葉樹苗木は林業種苗法の対象外であるため、全国各地から移入が恒常的に行なわれており、地域外個体を導入することによる遺伝的かく乱などの問題が懸念される。今後は地域集団の遺伝的多様性を考慮した森林の健全な管理・保全が必要と考えられるがこれまでに知見がない。このため、必要な情報を調査蓄積し健全な広葉樹林施業の実施に資する。
研究分担育林
予算区分受託
専門バイテク・キノコ
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030121066
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat