森林吸収源計測・活用体制整備強化事業

森林吸収源計測・活用体制整備強化事業

県名長野県
研究機関名長野県林業総合センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H13〜18
年度2005
概要 地球温暖化防止のため1994年に「気候変動枠組み条約」が発効し、第3回締約国会議(京都会議)で、日本は温室効果ガスの排出量を1990年水準より少なくとも6%削減するとした。これにあたり炭素吸収源としての森林デ−タを、正確で透明性を有し検証可能な調査により収集する必要が生じた。このため(独法)森林総合研究所が、都道府県林業関係試験研究機関とともに実施する調査に長野県も参加するものである。長野県は、(i)森林伐採が土壌中の炭素貯留変化に与える影響調査、ならびに(ii)カラマツ若齢林の地上部炭素貯(バイオマス)測定を行う。(iii)温暖化ガス調査を行なう。
研究分担育林
予算区分受託
専門森林機能
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030121068
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat