牛のワンショット過排卵誘起法の確立

牛のワンショット過排卵誘起法の確立

県名岐阜県
研究機関名岐阜県畜産研究所
課題種別試験研究課題
研究期間継H16〜18
年度2005
研究対象肉用牛
概要受精卵移植技術は、優良家畜を効率的に生産できるなどメリットが大きく、日本国内では年間1万回を超す過剰排卵処理・採卵が実施されている。現在主として行われている過剰排卵処理は、漸減投与法で、1回の採卵につきホルモン注射が3日間で6〜8回必要なことから、牛のストレス、技術者・管理者の過重労働など課題があり、過剰排卵処理の簡便化が最も望まれている。そこで、ワンショット(ホルモン注射1回処置)でも十分な卵胞発育誘起効果が得られる牛の過剰排卵誘起剤の開発とその用法、用量等について取り組む。
研究分担飛騨牛部
戦略畜産
予算区分委託
専門育種
部門
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030121168
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat