牛雌雄判別胚の簡易移植技術の確立

牛雌雄判別胚の簡易移植技術の確立

県名岐阜県
研究機関名岐阜県畜産研究所
課題種別試験研究課題
研究期間新H18〜19
年度2005
研究対象乳用牛
概要目的:雌雄判別胚の凍結保存技術を検討し、フィールド融解を可能にする。 計画:超急速ガラス化法で凍結保存した雌雄判別胚を融解するときに、生存率を低下させることなく、保存ストロー内で耐凍剤の希釈が可能な方法を開発 期待される効果:雌雄判別胚の簡易移植の普及により、人工授精に比較して2倍のスピードで計画的に後継雌牛が確保でき、酪農家の経営安定が図られる。
研究分担酪農部
戦略畜産
予算区分県単
専門繁殖
部門
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030121172
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat