アユ人工種苗生産における有用環境細菌利用による魚病発病阻止技術の開発研究

アユ人工種苗生産における有用環境細菌利用による魚病発病阻止技術の開発研究

県名岐阜県
研究機関名岐阜県河川環境研究所
課題種別試験研究課題
研究期間継H16〜18
年度2005
研究対象アユ
概要目的:アユの人工種苗生産における総合的な防疫技術の一環として、アユ人工種苗生産施設内の魚病発生阻止技術の開発をめざす。  
計画:(1)冷水病原因菌等に強い抗菌活性を有する環境細菌の選択(2)選択した環境細菌の性状の検討 効果:(1)冷水病原因菌等に強い抗菌活性を持つ環境細菌4株は、配合飼料中でも活性を維持した。また、異なる方法での抗菌活性試験でも十分な抗菌活性を示した。(2)この4株は、アユに対する病原性はほとんど無いと判断された。また、1株はアユ卵表面に付着した冷水病原因菌を駆逐した。
研究分担試験研究担当
予算区分県単
専門水産増養殖
部門河川・湖沼
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030121189
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat