農薬安全使用技術・減農薬栽培技術の確立

農薬安全使用技術・減農薬栽培技術の確立

県名滋賀県
研究機関名滋賀県農業技術振興センター
課題種別試験研究課題
研究期間新H17〜20
年度2005
研究対象大豆、ミツバ、カブ、サンショウ、コマツナ
概要 農薬の作物残留、土壌残留および水質残留の実態を調査し、農薬の適正な使用方法や安全な農産物の生産の指導に役立てる。また農作物の生育障害等が発生した場合、その原因を解明するとともに必要な対策を講じ、県内農産物の安定生産に役立てる。
 平成15年度からは、農薬取締法の改正に伴うマイナー作物の農薬の登録拡大に向けた調査についても併せて実施している。
研究分担環境研究部、栽培研究部
予算区分国庫補助(農水省),受託(日植防),県単
専門病害、虫害、環境
部門水稲、野菜
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030122019
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat