病虫害抵抗に関与する遺伝子の利用に関する研究

病虫害抵抗に関与する遺伝子の利用に関する研究

県名京都府
研究機関名京都府農業資源研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H14〜18
年度2005
研究対象水稲
概要研究の目的:耐虫性因子と推定されているイネ・トリプシンインヒビター(RBTI)やイネ・α-アミラーゼ/ズブチリシンインヒビター(RASI)の遺伝子を作物の病虫害抵抗性に利用することを目標とし、その分子機構を明らかにする。
研究の内容:イネ種子で発現するα−アミラーゼ/ズブチリシンインヒビター(RASI)をコードする遺伝子を、登熟期イネ種子由来cDNA libraryをスクリーニングし、クローニングすることに成功した。また、レーザーキャプチャーマイクロダイセクション(LCM)法を用いて、胚芽、胚乳、アリューロン層由来のmRNAを単離し、RBTIおよびRASIに対する特異的なプライマーを用いて目的とする mRNAの存在場所をRT-PCR法によって特定した。その結果、RBTIは主に胚芽で発現していることが明らかになった。
研究分担基礎研究部
予算区分府単
専門育種
部門
業績(1)Rice bifunctional alpha-amylase/subtilisin inhibitor: cloning and characterization of the recombinant inhibitor expressed in Escherichia coli
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030122089
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat