花壇苗の環境ストレス耐性付与技術の開発 (2)わい化剤代替技術、品質保持技術を施した環境ストレス耐性の検討 イ わい化剤代替技術の検討

花壇苗の環境ストレス耐性付与技術の開発 (2)わい化剤代替技術、品質保持技術を施した環境ストレス耐性の検討 イ わい化剤代替技術の検討

県名京都府
研究機関名京都府農業総合研究所
課題種別試験研究課題
研究期間新H17〜18
年度2005
研究対象その他花壇用花き類
概要多くの花壇苗には、登録されたわい化剤がないため、品目に応じたわい化剤代替技術を検討する。 <研究内容>
(1)ビンカ、マリーゴールドでは遠赤色光域抑制フイルムで、ペチュニアでは遠赤色光域抑制フイルム、高圧ナトリウムランプで生育抑制効果が認めらた。
(2)マリーゴールド、サルビア、キンギョソウ、トレニアは風刺激処理により草丈が低くなり、徒長抑制効果が認められた。
研究分担花き
戦略園芸
予算区分府単
専門栽培生理
部門花き
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030122158
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat