2資源生態に関する研究 (5)栽培漁業地域展開促進事業

2資源生態に関する研究 (5)栽培漁業地域展開促進事業

県名京都府
研究機関名京都府立海洋センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H12〜17
年度2005
概要○目的:漁業及び遊漁による放流マダイの回収率等を調査し、マダイの栽培漁業事業化のために必要なデータを収集する。
○計画:市場調査及び標本船調査により放流マダイの回収率などを把握する。
○期待される効果:放流マダイの回収率等を明らかにすることにより、モニタリング体制の整備に寄与し、マダイ栽培漁業の事業化を促進することができる。
○得られた成果:市場に水揚げされた放流魚の混獲率は2.1%であった。
○残された問題点:研究期間内に漁業及び遊漁による回収率等を的確に把握する必要がある。
研究分担海洋調査部
予算区分国庫補助
専門水産資源
部門海洋
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030122252
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat