中山間地域対応技術開発

中山間地域対応技術開発

県名奈良県
研究機関名奈良県農業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H14〜17
年度2005
研究対象共通
概要目的は、大和高原地域の特産野菜の育成と開発造成畑への導入及び、直売所に対応できる特産品目の育成を図る。また、省力的な圃場管理技術を開発することである。1.造成畑への導入作目拡大と省力安定生産技術・苗質の改善では、機械移植栽培の作期拡大(レタス、ハクサイ等)が図れた。2.アスパラガスの安定生産技術では、筒を用いたホワイトアスパラガスの簡易軟白技術を開発した。立茎時期にも軟白が可能となった。3.エンバクとの輪作によるダイコンのキスジノミハムシの防除では、エンバクに含まれるキスジノミハムシ摂食阻害物質は複数存在し、食毒成分ではない。エンバク搾汁処理により成虫の摂食が阻害された。4.ホウレンソウの安定生産技術では、種子に高濃度溶存酸素水処理することにより発芽が促進された。圃場での効果を確認する必要がある。5.地域の気候条件を生かした良食味高品質野菜「寒熟野菜」生産では、低温期に雨除け、露地栽培で12度以上の糖度のホウレンソウが栽培できた。
研究分担高原農業振興センター
戦略園芸
予算区分県単
専門栽培生理
部門野菜
業績(1)冬季におけるツケナ類の収量および品質関連成分
(2)筒状簡易軟白器具を用いたアスパラガスの軟白技術及びその特性
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030122443
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat