肥育牛・豚のふん尿処理過程におけるメタン・亜酸化窒素の発生抑制

肥育牛・豚のふん尿処理過程におけるメタン・亜酸化窒素の発生抑制

県名岡山県
研究機関名岡山県総合畜産センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H14〜18
年度2005
研究対象共通
概要 牛尿汚水の浄化処理施設から発生する環境負荷ガス(アンモニア、メタン、亜酸化窒素)を調査するとともに、連続と間欠による曝気方法の相違が環境負荷ガスに及ぼす影響を調査した。間欠曝気では環境負荷ガスすべての揮散が確認され、亜酸化窒素はアンモニア発生後に発生した。また、メタンについては常時発生が認められた。連続曝気では亜酸化窒素が僅かに発生したが、他のガスはほとんど検出されなかったことから、適切な負荷により安定的に運転すれば亜酸化窒素やメタンの発生は防げると考えられた。
研究分担環境家畜部
予算区分受託(畜産草地研究所)
専門環境
部門共通
業績(1)亜酸化窒素・メタンの発生抑制方法の検討(II)
−豚ぷん堆肥化過程から発生するアンモニア亜酸化窒素及びメタン濃度−

(2)Measurement and regulation of environmenta -l load gas emissions from composting of beef cattle manure
(3)牛尿汚水の浄化処理施設から発生する環境負荷ガス調査
(4) Ammonia methane and Nitrous Oxide emission from composting of fattening cattle manure
(5)Measurement and regulation of environmentally ha2ardous gas emissions from beef cattle manurecomposting
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030122974
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat