カンキツにおける非樹冠散布型殺虫剤処理法の技術開発

カンキツにおける非樹冠散布型殺虫剤処理法の技術開発

県名山口県
研究機関名山口県農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H16〜18
年度2005
研究対象カンキツ
概要○目的:樹別交互結実栽培の遊休樹に対して非樹冠散布型処理方法を開発する○期待される成果:樹別交互結実栽培をより省力化し、女性・高齢者による園地維持や、意欲ある担い手による経営規模拡大等に寄与し、産地の活性化が図られる ○得られた成果:ネオニオネコチノイド系薬剤の適正な散布量を検討中。また適用害虫について検討中 ○その他:天敵等の生物相に及ぼす影響の把握が必要
研究分担大島柑試
戦略園芸
予算区分県単
専門虫害
部門果樹
業績(1)ネオニコチノイド系殺虫剤の主幹部散布によるミカンハモグリガの防除
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030123211
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat