14 中山間地域高収益栽培体系確立試験費 (3)夏秋キュウリと特産野菜とを組み合わせた中山間地域に適した高収益栽培体系の確立 (i)簡易ハウスでのキュウリの作期拡大による増収技術の検討

14 中山間地域高収益栽培体系確立試験費 (3)夏秋キュウリと特産野菜とを組み合わせた中山間地域に適した高収益栽培体系の確立 (i)簡易ハウスでのキュウリの作期拡大による増収技術の検討

県名愛媛県
研究機関名愛媛県農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間新H18〜20
年度2005
研究対象キュウリ、ホウレンソウ、イチゴ
概要 本県中山間地域では、キュウリを始めピーマンやなすなど多くの作物が栽培されているが、冬季の寒さのため露地野菜の作付けが伸びず、農家所得も高くない。そこで、夏秋キュウリの支柱(アーチパイプ)を利用した低コストな簡易ハウスを開発し、冬季の寒さから野菜を保護しつつ、中山間地域の気象資源を活かした寒じめホウレンソウや高糖度イチゴなど、特色ある冬野菜の栽培技術を確立する。更に、これらの作物とキュウリを組み合わせた高収益栽培体系を確立し、農家所得の向上と担い手確保を図る。
研究分担栽培開発室
予算区分県単
専門栽培生理
部門農業
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030123675
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat