10 カンキツ新萎縮病まん延防止試験

10 カンキツ新萎縮病まん延防止試験

県名愛媛県
研究機関名愛媛県立果樹試験場
課題種別試験研究課題
研究期間止H14〜17
年度2005
研究対象かんきつ
概要 カンキツ新品種「せとか」等に発生した萎縮症状の原因は、カンキツモザイクウイルスによることが明らかとなり、病害虫防除所で調査したところ、県内に広がりつつあることが判明した。本ウイルスは、一般的に行っている方法では検定ができないことに加え、土壌伝染することから、保毒苗等の導入による県内カンキツへのまん延が心配されたが、本ウイルスを確実に検定できる診断法が開発でき、無毒化技術が確立されたので、拡散防止しが図られる。
研究分担生産環境室
戦略園芸
予算区分県単
専門病害
部門果樹
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030123745
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat