土壌伝染性ウイルス病防除のための土壌クリーン化技術の開発

土壌伝染性ウイルス病防除のための土壌クリーン化技術の開発

県名高知県
研究機関名高知県農業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H13〜17
年度2005
研究対象共通
概要目的:平成17年度までに全廃となる臭化メチルの代替対策を確立するため、防除が困難な土壌伝染性ウィルスについて、代替土壌くん蒸剤の有効利用及び蒸気消毒等物理的防除法等による臭化メチルに依存しない防除体系を明らかにする。計画:(i)臭化メチル代替土壌くん蒸剤の効果と利用法(H13〜16) (ii)土壌中の作物残さ腐熟促進によるウイルスの不活化(H14〜15) (iii)物理的防除法(H13〜16) (iv)バイオ資材を利用したメロンえそ斑点病防除技術の実証(H15〜17)期待される効果:臭化メチル全廃後も土壌伝染性ウイルス病の防除が可能となる。成果の受け渡し先:県内全域
研究分担病理担当
予算区分県単受託(独法)
専門病害
部門野菜
業績(1)メロンえそ斑点病ウイルスを媒介する内生菌の存在(講要)
(2)メロンえそ斑点ウイルスのメロンへの感染と果肉劣化との関連解析
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030123910
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat