赤潮・貝毒調査(赤潮等発生監視調査)

赤潮・貝毒調査(赤潮等発生監視調査)

県名高知県
研究機関名高知県水産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H12〜16
年度2005
概要 内湾漁場の漁業被害を軽減するため、浦ノ内湾、野見湾、宿毛湾で有害赤潮のモニタリング調査と赤潮情報の提供を行う。調査項目は、プランクトン計数、水質・底質分析及び気象海象観測で、赤潮の発生が見られたときは関係者に注意喚起を行う。 また、浦ノ内湾での貝毒プランクトン(アレクサンドリウム属、ジノフィシス属)のモニタリングと毒化調査(アサリの麻痺性毒及び下痢性毒)を行い、二枚貝類の食品としての安全性を監視する。
研究分担増養殖環境部
予算区分国庫補助(水産庁)
専門水産環境
部門海洋
業績(1)赤潮・貝毒調査事業
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030123986
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat