ナシの重要地上部病害に対する効率的で環境負荷の少ない防除技術の確立

ナシの重要地上部病害に対する効率的で環境負荷の少ない防除技術の確立

県名佐賀県
研究機関名佐賀県果樹試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H13〜18
年度2005
研究対象ナシ
概要目的:科学的な裏付けに基づいた効率的で環境負荷の少ない減農薬防除技術を確立する。 計画:(1)高精度・簡易発生予察機を用いた発生予察技術の確立、(2)薬剤の残効、耐雨性の解明、(3)耕種的防除技術の確立、(4)鮮度保持剤による輪紋病の発病抑制技術の確立、(5)減農薬防除プログラムの作成と圃場での実証試験、(6)減農薬防除技術マニュアルの作成期待される成果:(1)生産者が安心して減農薬防除にとりくめる。(2)環境に対す負荷が軽減される。
研究分担病害虫研究担当
戦略園芸・環境
予算区分国庫補助
専門病害・虫害
部門果樹
業績(1)九州地域のナシ栽培における薬剤散布回数低減技術
(2)ナシ炭疽病防除の効率化を図るためのエビデンスメーク
(3)ナシの収穫期間近に各種殺菌殺虫剤を散布した場合の果実に残る汚れの評価
(4)クロフタモンマダラメイガ幼虫の加害による施設ナシの樹勢低下(予報)
(5)最近の佐賀県におけるナシの害虫問題
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030124441
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat