病害虫防除新資材の合理的利用試験

病害虫防除新資材の合理的利用試験

県名長崎県
研究機関名長崎県総合農林試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継S47〜
年度2005
研究対象 
概要 本県の農作物に被害を及ぼしている病害虫で、防除効果または安全使用の面から防除法の改善が望まれているものを対象に、新農薬の効果と薬害等を試験し、適正な使用技術を明らかにします。(i)より有効な農薬の選定と防除技術(水稲殺菌剤2件、水稲殺虫剤8件、ばれいしょ殺菌剤5件、ばれいしょ殺虫剤3件、野菜殺菌剤4件、野菜殺虫剤8件、茶殺菌剤3件、茶殺虫剤3件 合計36件)
研究分担病害虫科
戦略 
予算区分受託
専門病害
部門共通
業績(1)メロンえそ斑点病の防除技術の現状と課題
(2)メロンえそ斑点病抵抗性品種・系統の室内幼苗検定および圃場試験における反応
(3)メロンえそ斑点病に対する有効薬剤の室内幼苗再検定と圃場試験
(4)メロンえそ斑点病汚染土の保存温度、湿度(含有水分)、期間が媒介菌、病原ウイルスの活性に及ぼす影響
(5)メロンえそ斑点病汚染土の活性に及ぼす保存温度と含水率の影響
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030124533
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat