パッションフルーツの収穫後処理による品質向上技術の確立

パッションフルーツの収穫後処理による品質向上技術の確立

県名鹿児島県
研究機関名鹿児島県農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H17〜20
年度2005
研究対象パッションフルーツ
概要(目的)パッションフルーツの高品質化を図るために,高酸含量果実や着色不良果などを対象に収穫後における処理技術を確立する。(成果)着色不良の熟度別品質特性を調査し,着色に影響を及ぼす処理条件(温度,環境ガス組成,光照射など)を検討した結果,着色促進には光照射が有効であることを確認した。
研究分担農産物加工研究指導センター
予算区分県単
専門食品加工流通
部門果樹
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030125399
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat