緑肥を導入した畑輪作による線虫被害低減効果の実証

緑肥を導入した畑輪作による線虫被害低減効果の実証

県名北海道
研究機関名北海道立中央農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H17〜19
年度2006
概要目的:羊蹄山麓地域では豆類の作付割合が高い地帯を中心にダイズシストセンチュウによる被害が顕在化している。その対策として、対抗作物アカクローバによる線虫被害低減効果を実証するとともに、分布するレースによる抵抗性品種の活用を検討する。方法:(a)緑肥(赤クローバ)導入による線虫被害低減効果の実証、展示 (b)アカクローバ小麦間作の播種時期の検討 (c)線虫レースの当年判定法の検討 (d)大豆R1抵抗性育成系統の現地比較調査
研究分担技術体系化
予算区分国庫補助(農水省)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030125910
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat