新農薬による病害虫防除試験

新農薬による病害虫防除試験

県名宮城県
研究機関名宮城県古川農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H18
年度2006
概要目的:農業生産の安定的向上と省力化および環境保全を考慮した病害虫の効率的防除体系の確立が望まれている。そのため、実用化されている防除薬剤より優れた効果を有する新農薬かどうか、残効期間、使用法、薬害等について検討し、効果が認められた薬剤を県の病害虫防除指針に採用する必要がある。成果:イネではイナゴ類、カメムシ類、いもち病、ばか苗病、苗立枯細菌病、紋枯病、麦類では赤かび病、ダイズではフタスジヒメハムシ、アブラムシ類、紫斑病、等を対象に試験を実施し、現在実用化されている防除薬剤より優れた新農薬を探索した。
研究分担作物保護部
予算区分受託(民間)
業績(1)ダイズのジャガイモヒゲナガアブラムシに対する茎葉散布剤の効果
(2)ダイズ紫斑病に対する各種薬剤の効果と紫斑粒の特徴
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030127646
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat