[バイオテクノロジー実用化技術開発事業] 1.バイオ技術を利用した特産園芸作物の効果的育種 ア.果樹のDNAマーカーの開発 イ.県イメージフラワーの開発

[バイオテクノロジー実用化技術開発事業] 1.バイオ技術を利用した特産園芸作物の効果的育種 ア.果樹のDNAマーカーの開発 イ.県イメージフラワーの開発

県名山形県
研究機関名山形県農業総合研究センター農業生産技術試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H15〜19
年度2006
概要 果樹では、おうとう、西洋なしの有用形質の識別が可能なDNAマーカーを開発し、育種選抜に利用し、選抜効率を高める。イメージフラワーでは、バイオ技術を利用した交雑育種では作出不可能な、新規優良形質を持つ、べにばな、りんどう品種の育成を行う。
ア 果樹のDNAマーカーの開発:(ア)Helix Tree解析により、早生などに関連するマーカーの存在が示唆された。(イ)西洋なしの品種識別では、48品種、90 SSRマーカーの遺伝子型データを得た。イ 県イメージフラワーの開発:(ア)べにばな「もがみべにばな」種子へのEMS処理により、わい化性・小輪多花系統を作出し自殖し固定化を図った。(イ)トルコぎきょう野生種由来の系統から得られた、F1系統「山園E1号」の特性調査を行った。この系統は有望であると考えられたため、平成19年度の奨励品種決定調査に供試する。(ウ)りんどう「ハイネスホワイト」および、その交配親系統を識別するDNAマーカーを開発した。
研究分担バイオ育種科
予算区分県単
業績(1)Application of SSR DNA Markers for the Identification of Sweet Cherry Cultivars.
(2)In vitro Flowering of Transgenic European Pear (Pyrus Communis L.) Expressing Citrus FT (CiFT) Gene and New Tool for Gene Function Analysis.
(3)Studies on Parti-colored Flower Generation Mechanism in Gentian
(4)セイヨウナシのサビに関するDNAマーカーの開発
(5)セイヨウナシの花および果実で発現するMADS-box遺伝子のクローニング 第2報
(6)ポリガラクツロナーゼ遺伝子(PG2)を導入した早期開花性セイヨウナシの作出 第2報 シュート接木個体の育成とその生育
(7)SSRマーカーによる輸入オウトウおよび国内市販品の品種識別. 
(8)早期開花性セイヨウナシの育種研究への応用
(9)オウトウ加工品からのDNA抽出
(10)セイヨウナシ大果変異系統の解析
(11)バラ科における果実細胞の多倍数性
(12)CRES-T法(chimeric repressor silencing technology)によるトルコギキョウ花器形質の改良
(13)セイヨウナシにおける果皮の赤着色因子の探索 第1報 アントシアニン生合成系酵素遺伝子の解析
(14)花成制御遺伝子CiFT導入セイヨウナシの閉鎖系温室における開花・結実
(15)セイヨウナシ大果枝変わり系統における生育に伴う果実形質の経時的変化
(16)品種識別で、おうとうの逆輸入に対抗 
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030127926
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat