[試験研究受託事業]1.西洋なしにおける生殖器官発現性遺伝子の解析 ア.遺伝子導入系の開発 イ.早期開花性遺伝子の評価 ウ.生殖器官遺伝子の単離 エ.早期開花遺伝子+生殖器官発現性遺伝子の 評価

 [試験研究受託事業]1.西洋なしにおける生殖器官発現性遺伝子の解析 ア.遺伝子導入系の開発 イ.早期開花性遺伝子の評価 ウ.生殖器官遺伝子の単離 エ.早期開花遺伝子+生殖器官発現性遺伝子の 評価

県名山形県
研究機関名山形県農業総合研究センター農業生産技術試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H17〜19
年度2006
概要 早期開花性遺伝子を導入した西洋なしを利用し、これに生殖器官(花、果実など)で働く遺伝子を導入することで、その遺伝子の機能解析を行う評価系を確立する。ア MdTFL1遺伝子を導入した西洋なし「バラード」が馴化後に、開花・結実を示した。イ CiFT遺伝子導入西洋なしは、閉鎖系温室2年目に開花結実し、種子が得られた。得られた後代において導入遺伝子が遺伝した。ウ 単為結果性に関与している可能性が強いMADS-box遺伝子PISTILATAの相同遺伝子を西洋なし ‘ドワイエネ・デュ・コミス’へ導入処理を行った。エ シュート接ぎ木したPG2導入系統の半数以上が接ぎ木後、開花し、結実果実が得られた。
研究分担バイオ育種科
予算区分受託
業績(1)In vitro Flowering of Transgenic European Pear (Pyrus Communis L.) Expressing Citrus FT (CiFT) Gene and New Tool for Gene Function Analysis.
(2)リンゴMdTFL1遺伝子を導入したセイヨウナシの早期開花性
(3)セイヨウナシの花および果実で発現するMADS-box遺伝子のクローニング 第2報
(4)ポリガラクツロナーゼ遺伝子(PG2)を導入した早期開花性セイヨウナシの作出 第2報 シュート接木個体の育成とその生育
(5)早期開花性セイヨウナシの育種研究への応用
(6)オウトウ加工品からのDNA抽出
(7)セイヨウナシにおける果皮の赤着色因子の探索 第1報 アントシアニン生合成系酵素遺伝子の解析
(8)花成制御遺伝子CiFT導入セイヨウナシの閉鎖系温室における開花・結実
(9)セイヨウナシ大果枝変わり系統における生育に伴う果実形質の経時的変化
(10)品種識別で、おうとうの逆輸入に対抗 
(11)オウトウの海外におけるDNA品種識別技術の開発状況について
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030127932
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat