新農業資材の実用化技術の開発

新農業資材の実用化技術の開発

県名山形県
研究機関名山形県農業総合研究センター農業生産技術試験場庄内支場
課題種別試験研究課題
研究期間完H18
年度2006
概要新たに開発された資材の効果と効率的な使用法を検討し、実用性の高い資材を選定した。(i)除草剤については除草剤使用基準への採用の資料とした。(ii)農薬については病害虫防除基準への採用、効率的な使用法を提示した。(iii)肥料、資材についてはケイ酸肥料の水稲に対する効果を提示した。資材では鉄コーティング法の検討を行い改良法を提示した。
研究分担水稲研究科
予算区分受託
業績(1)ロックウールマット育苗による水稲苗のケイ酸含有率向上効果
(2)ケイ酸の効果を主眼においた新規肥料(加工鉱さいリン肥,熔成ケイ酸リン肥)の特性と利用法
(3)庄内地方における水稲生育管理およびケイ酸施用による良食味米生産技術
(4)東北地方における鉄コーティング直播栽培技術の導入
(5)鉄コーティング湛水直播におけるコーティング法の改良 
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030128005
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat