野生きのこ人工栽培技術の確立

野生きのこ人工栽培技術の確立

県名福島県
研究機関名福島県林業研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H15〜19
年度2006
概要目的:ツチグリ、サケツバタケ等の野生きのこ人工栽培技術の開発。計画:ツチグリ(発生環境調査、培養法の検討、栽培法の検討。)サケツバタケ(発生環境調査、栽培法の検討。) ムラサキシメジ(品種選抜、栽培法の検討。)期待される成果:特産品化による地域振興、県内菌茸生産向上。得られた成果:ツチグリー未熟胞子から菌糸を分離して試験管内で菌糸を成長させた。サケツバタケー人工栽培に成功。成果の受け渡し先:きのこ振興センター・きのこ生産者。
研究分担林産資源
予算区分国庫補助(農水省)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030128146
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat