有機物利用による化学肥料削減技術の確立

有機物利用による化学肥料削減技術の確立

県名茨城県
研究機関名茨城県農業総合センター農業研究所
課題種別試験研究課題
研究期間完H14〜18
年度2006
概要目的:有機物施用時の夏作と秋冬作での窒素肥効率の違い、有機物連用による累積効果について検討し、露地野菜の減化学肥料栽培での家畜ふん堆肥連用時の窒素肥効効率を明らかにする。成果:(i)家畜ふん堆肥は夏作と秋冬作での窒素肥効率は異なる。連用時の肥効率を基に、堆肥施用量と施肥窒素施用量を決めることができる。(ii)堆肥と化学肥料を併用すると、硝酸態窒素の地下浸透量が低減する。
研究分担環境・土壌
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030128285
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat