1.堆肥の製造と利用の促進を支援する技術の開発 1)堆肥利用支援 (1)堆肥利用による畑地の窒素排出負荷低減

1.堆肥の製造と利用の促進を支援する技術の開発 1)堆肥利用支援 (1)堆肥利用による畑地の窒素排出負荷低減

県名群馬県
研究機関名群馬県農業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H17〜19
年度2006
概要目的:地下水や農作物中の硝酸濃度低減につながる堆肥利用技術の解明を進める。目標達成状況:1.高冷地キャベツ栽培に関する実証試験圃場において、化学肥料・牛糞堆肥併用区(対照として無肥料区、化学肥料単用区)の5mまでの深層土壌を調査し、硝酸態窒素など栄養塩類の現存量を評価した。2.平坦地ネギ栽培に関する実証試験圃場において、5種類の堆肥区(対照として無肥料区、化学肥料区)の土壌窒素無機化パラメータを算出した。
研究分担土壌環境G
予算区分県単
業績(1)家畜ふん堆肥と化学肥料を併用したキャベツ栽培試験圃場における硝酸態窒素の現存量評価
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030128619
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat