施設キュウリ生産における小型自動選別調製装置の開発

施設キュウリ生産における小型自動選別調製装置の開発

県名群馬県
研究機関名群馬県農業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H15〜18
年度2006
概要目的:施設キュウリ生産における選別調製作業の省力化を図るため、少人数で作業ができ、作業時間を30%削減して、選別精度の高い小型キュウリ自動選別機を開発する。目標達成状況:・形状(長さ、曲がり)選別機に重量選別機能を付加した。・重量測定の安定のため、また、キュウリとの接触を少なくするため、供給部からバケットへの移動方式を、シャッター開閉方式から押し上げ方式に変更した。・イボ落ちが少なくなるように、バケットの形状、緩衝材の素材を変更した。・選別機の精度90%以上で、選別経験のない作業者の能率は熟練者の1.3倍程度であった。
研究分担機械施設G
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030128630
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat