良食味トマトの省力・安定生産技術の開発(省力・軽作業化技術の開発)

良食味トマトの省力・安定生産技術の開発(省力・軽作業化技術の開発)

県名群馬県
研究機関名群馬県農業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H18〜20
年度2006
概要目的:現在、糖度8〜9度の良食味・高糖度トマトが差別化商品として人気がある。そこで、育成品種「甘しずく」(仮称)の栽培技術の確立を図ると共に、慣行栽培品種の糖度を高め、食味を向上させる省力・軽作業化技術を開発する。目標達成状況:・「甘しずく」の糖度7度以上の上物収量を高める施肥量、かん水量を明らかにし、普及に移した。・「甘しずく」および慣行栽培品種「麗容」の果実糖度を安定させる整枝法、「甘しずく」の養液栽培法、トマトにおけるミツバチの花粉媒介と着果に対する効果等については、継続した調査を実施中である。
研究分担野菜G
予算区分県単
業績(1)施設トマトの省力的な誘引整枝法
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030128697
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat