アユ新規種苗(利根川水系系統)開発研究

アユ新規種苗(利根川水系系統)開発研究

県名群馬県
研究機関名群馬県水産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H16〜20
年度2006
概要目的: 利根川に遡上する海産アユ(海産系)を親魚とし、現在の群馬系種苗と比較して漁期が長く、姿形も良く、遺伝的多様性があり、かつ、冷水病に強い優れた新規種苗を作出するための諸研究を行う。成果:1)とびはね行動(遡上性) 6回の試験における、実験開始から24時間後の平均とびはね率(とびはね個体/収容個体×100)は、海♀×海♂、海♀×群♂、群♀×海♂、群♀×群♂でそれぞれ92.1%、72.4%、63.8%、54.3%であり、新規種苗は群馬系種苗に比べて遡上性が強い傾向が示された。(2)攻撃行動(なわばり形成能) アユにモデルを提示する回数と攻撃回数には有意な差は認められなかった。20℃および25℃の何れの水温区においても、なわばり形成能やその強さに系群間の差は認められなかったが、群馬系種苗の交配により高水温下での攻撃行動が増大され、遺伝的関与が示された。次年度の計画:なわばり形成能の選抜育種効果などについて調べる。
研究分担生産技術G
予算区分県単
業績(1)アユ免疫関連遺伝子の探索
(2)アユ仔魚の流下時における減耗に関する試験
(3)アユ新規種苗開発の試み
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030128772
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat