水稲の良食味・高品質米の安定生産技術の確立 (5)水稲生育診断予測システムの予測精度の向上

水稲の良食味・高品質米の安定生産技術の確立 (5)水稲生育診断予測システムの予測精度の向上

県名千葉県
研究機関名千葉県農業総合研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H15〜18
年度2006
概要 「ふさおとめ」、「ひとめぼれ」、「コシヒカリ」の3品種について、昨年度までに得られた品種・温度毎のDVR値に基づく幼穂形成期の予測精度を確認し、実用性のある予測モデルを策定した。今後は県内全域への適応性を検討するとともに、幼穂形成期から出穂期に向けた、幼穂長の逐次予測システムを確立する必要がある。また、「ちば28号」の予測技術を作成する必要がある。
研究分担生産技術・水田作
予算区分県単
業績(1)水稲「ちば28号」(愛称「ふさこがね」)の特性と栽培法
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030128992
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat