新発生病害虫の発生生態の解明と防除技術の開発 (3)ヒョウタンゾウムシ類の生態解明と防除法の確立(要望課題)

新発生病害虫の発生生態の解明と防除技術の開発 (3)ヒョウタンゾウムシ類の生態解明と防除法の確立(要望課題)

県名千葉県
研究機関名千葉県農業総合研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H16〜19
年度2006
概要 ネギ及びニンジンに対する薬剤登録を進めるために、薬効試験を現地圃場(富里市、松戸市)及び研究室の網室で実施した。ネギにおけるジノテフラン顆粒水和剤、ニンジンにおけるベンフラカルブ粒剤とメソミル・ダイアジノン粒剤の効果が認められた。一方、ラッカセイにおいて、薬剤防除と耕種的防除を組み合わせて防除の体系化を図った。
研究分担生産環境・昆虫
予算区分県単
業績(1)千葉県の圃場内におけるヒョウタンゾウムシ類の越冬状況と越冬後の生息状況
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030129048
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat