予察に基づくアカヒゲホソミドリカスミカメ防除体系の確立

予察に基づくアカヒゲホソミドリカスミカメ防除体系の確立

県名新潟県
研究機関名新潟県農業総合研究所作物研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H14〜18
年度2006
概要 水稲早生品種を中心に拡大傾向にある斑点米発生を防止するため、現在不明なアカヒゲホソミドリカスミカメの発生生態を解明し、発生予察に基づく適期防除対策及び減農薬防除技術を確立する。斑点米発生量に品種間差を確認し、一回散布でも適期防除で高い効果を明らかにした。また、フェロモントラップによる発生消長の把握が可能であることを明らかにし、発生量調査法を明らかにした。
研究分担栽培科
予算区分受託独法
業績(1)水田におけるアカヒゲホソミドリカスミカメの発生消長と薬剤散布適期
(2)種子の吸汁がアカヒゲホソミドリカスミカメの幼虫発育と産卵に及ぼす影響
(3)合成性フェロモントラップによるアカヒゲホソミドリカスミカメの水田内発生消長の把握
(4)すくい取りによるアカヒゲホソミドリカスミカメ捕獲数と斑点米発生量の関係
(5)アカヒゲホソミドリカスミカメのイネに対する産卵能力
(6)フェロモントラップのアカヒゲホソミドリカスミカメ発生量調査への利用
(7)アカヒゲホソミドリカスミカメに対する合成性フェロモン剤の防除効果
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030129764
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat