優良ヒラメ育種研究

優良ヒラメ育種研究

県名新潟県
研究機関名新潟県水産海洋研究所
課題種別試験研究課題
研究期間継H8〜18
年度2006
概要染色体操作技術を用いて優良形質(良好な成長、正常な体色素、耐病性等)をもつヒラメを作出・固定し、DNA分析技術を活用した遺伝的形質の特性評価行う。他方このDNA分析技術を用いて人工放流種苗の天然資源への混入率を調査し、種苗放流事業の効率化と効果判定に役立てる技術を開発する。 (i)染色体操作技術(雌性発生、クローン作出及び全雌作出)、(ii)育種評価技術(作出魚のDNA評価検定及び優良形質の判定)、(iii)DNA分析応用技術(mtDNA分析による人工放流種苗の判定と、全体漁獲量への混入率の検証)
研究分担増殖環境課
予算区分県単(経常)
業績(1)優良ヒラメ育種研究
(2)ヒラメ放流事業関連調査
(3)DNA分析を用いたヒラメ放流種苗追跡精度
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030129851
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat